れびとら販売再開アリス効き目ed 娌荤檪閷犲墹銇?銇ゃ仐銇嬨亗銈娿伨銇涖倱

アリス効き目精子と卵子の組み合わせは妊娠につながる可能性があります。女性の排卵は限られていることは誰もが知っていますが、男性の精子の数は無数にあり、精子は睾丸によって生成されます。精巣は1日に何個の精子を生成しますか?また、人々はこの質問にもっと興味を持っていますこの記事では、睾丸が毎日どれだけの精子を作り出すことができるかを示します。精子を顕微鏡で見る機会があれば、きっとため息をつくでしょう。密に詰まった精子はオタマジャクシのように見え、小さな頭(長さ6ミクロン)と非常に長い尾(60ミクロン)を持っています。精子が前に泳ぎ、卵を見つけて結合するのを可能にするのは、この長い尾です。しかし、精子は非常に速く動員します。精子が卵子に浸透するのを見る機会がある場合、何百もの精子が彼らの頭を卵よりもはるかに大きい卵(150ミクロン)に付着させ、尾を外側に振ってドリルインしようとします。精子の動きにより、受精卵とその周りの精子が素早く向きを変えて回転を続け、生命のダンスを踊っているようです。これらの素晴らしいシーンを見た後、精子がどのように生成されるのか、なぜ精巣のサイズが非常に小さいので毎日何億もの精子が生成されるのかと尋ねるでしょう。この質問に答えるには、睾丸の解剖学と組織構造から始める必要があります。といえば。睾丸は男性の生殖腺であり、そこで精子が産生され、性ホルモンが分泌されます。外観からすると、左右に睾丸がわずかに扁平な楕円形で陰嚢内にある睾丸が1つあります。初期の胎児では、彼らは出産前に腹腔内の陰嚢に下降します。大人の睾丸は長さ約4 cm、幅3 cmで、重さは約20グラムです。臨床的には、睾丸の容量はしばしばその大きさ(15-20 ml)を示すために使用されます。新生児の睾丸は比較的大きく、生後約1〜2か月で収縮します。性成熟の前は、睾丸は基本的に静止状態にあり、思春期に入ると急速に発達します。 50歳くらいでだんだん縮んで縮んでいきます。丸薬は新鮮なエビの色、白と赤のように見え、血管の痕跡が見られます。睾丸の外面は、厚くて丈夫な白いフィルムで覆われており、睾丸の物質を保護する上で重要な役割を果たします。アルブギニアが切断されると、精巣組織が麻痺し、元の形状を維持できなくなります。チュニカの外側には、アルブジネアが睾丸の鞘があります。これは、胚の期間中に睾丸が下降するときに下にある腹膜成分です。チュニカアルブジニアと鞘の間には少量の液体があり、それを滑らかに保ち、睾丸を動かします。白膜は内側に伸びて放射状縦隔を形成します。各睾丸は内側から約200〜300の間隔に分割されます。これらを「睾丸小葉」と呼びます。各小葉の内側には、 「合成管」。成人の場合、その管の直径は150〜250ミクロンで、長さはさまざまで、主に30〜70 cmで、最長は150 cmに達することがあります。各精巣には約300〜1000のそのような小さなチューブがあり、それらがすべて接続されている場合、長さは約200〜300メートルになります。すべての精細管は末端で互いに一致し、精巣ネットを形成します。ネットの一端は10本の小さな出力チューブに分かれており、これらは睾丸の外側にあるアルブジニアを通過し、最後に付属の睾丸に合流します。精子は精細管で連続的に生成されます。小さな精巣の構造は非常に微妙で複雑なので、精子形成のための精巣の面積が大きくなります。これが、精巣が毎日非常に多くの精子を生成できる理由です。精細管の上皮には2種類の細胞があります。1つは異なる発生段階にある精子形成細胞で、もう1つは支持細胞です。精子形成細胞は支持細胞の表面の不規則な穴に埋め込まれており、最もナイーブな精子形成細胞は基底膜に近く、成熟した精子細胞は中央管腔に近くなっています。複数の有糸分裂と2つの成熟した分裂(減数分裂)の後、精原細胞は、染色体の半分だけで256個の精子細胞を形成できます。 50%はX染色体を含み、他の50%はY染色体を含みます。精原細胞と精母細胞は丸い形をしていて尾はなく、尾は精子細胞に徐々に現れます。精子細胞は一連の変化を受け、最終的に成熟してオタマジャクシのような精子を形成し、精細管に排出されます。サポート細胞には多くの機能があり、さまざまな活性物質を分泌することができます。これらの活性物質は、精子形成細胞を制御し、分化、成熟、精子分泌、および食作用変性細胞を貪食するのを助けます。精子は常に成人の精巣で生成されます。ある人は、成人の精巣組織のグラムごとに1秒あたり300〜600個の精子を産生し、両側性の睾丸は1日あたり数億個の精子を産生すると推定しています。これは、精子の生産を制御する男性の避妊方法が女性の排卵を抑制するよりもはるかに難しい理由の1つです。

包茎治療は安い?安くない?切らない方法やオプションの料金を調査 シアリス 副作用 脱毛 レビトラ 副作用 精子と卵子の組み合わせは妊娠につながる可能性があります。女性の排卵は限られていることは誰もが知っていますが、男性の精子の数は無数にあり、精子は睾丸によって生成されます。精巣は1日に何個の精子を生成しますか?また、人々はこの質問にもっと興味を持っていますこの記事では、睾丸が毎日どれだけの精子を作り出すことができるかを示します。精子を顕微鏡で見る機会があれば、きっとため息をつくでしょう。密に詰まった精子はオタマジャクシのように見え、小さな頭(長さ6ミクロン)と非常に長い尾(60ミクロン)を持っています。精子が前に泳ぎ、卵を見つけて結合するのを可能にするのは、この長い尾です。しかし、精子は非常に速く動員します。精子が卵子に浸透するのを見る機会がある場合、何百もの精子が彼らの頭を卵よりもはるかに大きい卵(150ミクロン)に付着させ、尾を外側に振ってドリルインしようとします。精子の動きにより、受精卵とその周りの精子が素早く向きを変えて回転を続け、生命のダンスを踊っているようです。これらの素晴らしいシーンを見た後、精子がどのように生成されるのか、なぜ精巣のサイズが非常に小さいので毎日何億もの精子が生成されるのかと尋ねるでしょう。この質問に答えるには、睾丸の解剖学と組織構造から始める必要があります。といえば。睾丸は男性の生殖腺であり、そこで精子が産生され、性ホルモンが分泌されます。外観からすると、左右に睾丸がわずかに扁平な楕円形で陰嚢内にある睾丸が1つあります。初期の胎児では、彼らは出産前に腹腔内の陰嚢に下降します。大人の睾丸は長さ約4 cm、幅3 cmで、重さは約20グラムです。臨床的には、睾丸の容量はしばしばその大きさ(15-20 ml)を示すために使用されます。新生児の睾丸は比較的大きく、生後約1〜2か月で収縮します。性成熟の前は、睾丸は基本的に静止状態にあり、思春期に入ると急速に発達します。 50歳くらいでだんだん縮んで縮んでいきます。丸薬は新鮮なエビの色、白と赤のように見え、血管の痕跡が見られます。睾丸の外面は、厚くて丈夫な白いフィルムで覆われており、睾丸の物質を保護する上で重要な役割を果たします。アルブギニアが切断されると、精巣組織が麻痺し、元の形状を維持できなくなります。チュニカの外側には、アルブジネアが睾丸の鞘があります。これは、胚の期間中に睾丸が下降するときに下にある腹膜成分です。チュニカアルブジニアと鞘の間には少量の液体があり、それを滑らかに保ち、睾丸を動かします。白膜は内側に伸びて放射状縦隔を形成します。各睾丸は内側から約200〜300の間隔に分割されます。これらを「睾丸小葉」と呼びます。各小葉の内側には、 「合成管」。成人の場合、その管の直径は150〜250ミクロンで、長さはさまざまで、主に30〜70 cmで、最長は150 cmに達することがあります。各精巣には約300〜1000のそのような小さなチューブがあり、それらがすべて接続されている場合、長さは約200〜300メートルになります。すべての精細管は末端で互いに一致し、精巣ネットを形成します。ネットの一端は10本の小さな出力チューブに分かれており、これらは睾丸の外側にあるアルブジニアを通過し、最後に付属の睾丸に合流します。精子は精細管で連続的に生成されます。小さな精巣の構造は非常に微妙で複雑なので、精子形成のための精巣の面積が大きくなります。これが、精巣が毎日非常に多くの精子を生成できる理由です。精細管の上皮には2種類の細胞があります。1つは異なる発生段階にある精子形成細胞で、もう1つは支持細胞です。精子形成細胞は支持細胞の表面の不規則な穴に埋め込まれており、最もナイーブな精子形成細胞は基底膜に近く、成熟した精子細胞は中央管腔に近くなっています。複数の有糸分裂と2つの成熟した分裂(減数分裂)の後、精原細胞は、染色体の半分だけで256個の精子細胞を形成できます。 50%はX染色体を含み、他の50%はY染色体を含みます。精原細胞と精母細胞は丸い形をしていて尾はなく、尾は精子細胞に徐々に現れます。精子細胞は一連の変化を受け、最終的に成熟してオタマジャクシのような精子を形成し、精細管に排出されます。サポート細胞には多くの機能があり、さまざまな活性物質を分泌することができます。これらの活性物質は、精子形成細胞を制御し、分化、成熟、精子分泌、および食作用変性細胞を貪食するのを助けます。精子は常に成人の精巣で生成されます。ある人は、成人の精巣組織のグラムごとに1秒あたり300〜600個の精子を産生し、両側性の睾丸は1日あたり数億個の精子を産生すると推定しています。これは、精子の生産を制御する男性の避妊方法が女性の排卵を抑制するよりもはるかに難しい理由の1つです。 ed治った 銉儞銉堛儵閫氳博online鍋ュ悍銈掔董鎸併仐銇︺亸銇犮仌銇? 鍕冭捣闅滃鐗瑰畾銇姸娉佷笅銇х櫤鐢熴仐 美国伟哥中文网站_正品万艾可 原装进口美国伟哥多少钱_Viagra 精子と卵子の組み合わせは妊娠につながる可能性があります。女性の排卵は限られていることは誰もが知っていますが、男性の精子の数は無数にあり、精子は睾丸によって生成されます。精巣は1日に何個の精子を生成しますか?また、人々はこの質問にもっと興味を持っていますこの記事では、睾丸が毎日どれだけの精子を作り出すことができるかを示します。精子を顕微鏡で見る機会があれば、きっとため息をつくでしょう。密に詰まった精子はオタマジャクシのように見え、小さな頭(長さ6ミクロン)と非常に長い尾(60ミクロン)を持っています。精子が前に泳ぎ、卵を見つけて結合するのを可能にするのは、この長い尾です。しかし、精子は非常に速く動員します。精子が卵子に浸透するのを見る機会がある場合、何百もの精子が彼らの頭を卵よりもはるかに大きい卵(150ミクロン)に付着させ、尾を外側に振ってドリルインしようとします。精子の動きにより、受精卵とその周りの精子が素早く向きを変えて回転を続け、生命のダンスを踊っているようです。これらの素晴らしいシーンを見た後、精子がどのように生成されるのか、なぜ精巣のサイズが非常に小さいので毎日何億もの精子が生成されるのかと尋ねるでしょう。この質問に答えるには、睾丸の解剖学と組織構造から始める必要があります。といえば。睾丸は男性の生殖腺であり、そこで精子が産生され、性ホルモンが分泌されます。外観からすると、左右に睾丸がわずかに扁平な楕円形で陰嚢内にある睾丸が1つあります。初期の胎児では、彼らは出産前に腹腔内の陰嚢に下降します。大人の睾丸は長さ約4 cm、幅3 cmで、重さは約20グラムです。臨床的には、睾丸の容量はしばしばその大きさ(15-20 ml)を示すために使用されます。新生児の睾丸は比較的大きく、生後約1〜2か月で収縮します。性成熟の前は、睾丸は基本的に静止状態にあり、思春期に入ると急速に発達します。 50歳くらいでだんだん縮んで縮んでいきます。丸薬は新鮮なエビの色、白と赤のように見え、血管の痕跡が見られます。睾丸の外面は、厚くて丈夫な白いフィルムで覆われており、睾丸の物質を保護する上で重要な役割を果たします。アルブギニアが切断されると、精巣組織が麻痺し、元の形状を維持できなくなります。チュニカの外側には、アルブジネアが睾丸の鞘があります。これは、胚の期間中に睾丸が下降するときに下にある腹膜成分です。チュニカアルブジニアと鞘の間には少量の液体があり、それを滑らかに保ち、睾丸を動かします。白膜は内側に伸びて放射状縦隔を形成します。各睾丸は内側から約200〜300の間隔に分割されます。これらを「睾丸小葉」と呼びます。各小葉の内側には、 「合成管」。成人の場合、その管の直径は150〜250ミクロンで、長さはさまざまで、主に30〜70 cmで、最長は150 cmに達することがあります。各精巣には約300〜1000のそのような小さなチューブがあり、それらがすべて接続されている場合、長さは約200〜300メートルになります。すべての精細管は末端で互いに一致し、精巣ネットを形成します。ネットの一端は10本の小さな出力チューブに分かれており、これらは睾丸の外側にあるアルブジニアを通過し、最後に付属の睾丸に合流します。精子は精細管で連続的に生成されます。小さな精巣の構造は非常に微妙で複雑なので、精子形成のための精巣の面積が大きくなります。これが、精巣が毎日非常に多くの精子を生成できる理由です。精細管の上皮には2種類の細胞があります。1つは異なる発生段階にある精子形成細胞で、もう1つは支持細胞です。精子形成細胞は支持細胞の表面の不規則な穴に埋め込まれており、最もナイーブな精子形成細胞は基底膜に近く、成熟した精子細胞は中央管腔に近くなっています。複数の有糸分裂と2つの成熟した分裂(減数分裂)の後、精原細胞は、染色体の半分だけで256個の精子細胞を形成できます。 50%はX染色体を含み、他の50%はY染色体を含みます。精原細胞と精母細胞は丸い形をしていて尾はなく、尾は精子細胞に徐々に現れます。精子細胞は一連の変化を受け、最終的に成熟してオタマジャクシのような精子を形成し、精細管に排出されます。サポート細胞には多くの機能があり、さまざまな活性物質を分泌することができます。これらの活性物質は、精子形成細胞を制御し、分化、成熟、精子分泌、および食作用変性細胞を貪食するのを助けます。精子は常に成人の精巣で生成されます。ある人は、成人の精巣組織のグラムごとに1秒あたり300〜600個の精子を産生し、両側性の睾丸は1日あたり数億個の精子を産生すると推定しています。これは、精子の生産を制御する男性の避妊方法が女性の排卵を抑制するよりもはるかに難しい理由の1つです。 れびとら ばいあぐら 比較 精子と卵子の組み合わせは妊娠につながる可能性があります。女性の排卵は限られていることは誰もが知っていますが、男性の精子の数は無数にあり、精子は睾丸によって生成されます。精巣は1日に何個の精子を生成しますか?また、人々はこの質問にもっと興味を持っていますこの記事では、睾丸が毎日どれだけの精子を作り出すことができるかを示します。精子を顕微鏡で見る機会があれば、きっとため息をつくでしょう。密に詰まった精子はオタマジャクシのように見え、小さな頭(長さ6ミクロン)と非常に長い尾(60ミクロン)を持っています。精子が前に泳ぎ、卵を見つけて結合するのを可能にするのは、この長い尾です。しかし、精子は非常に速く動員します。精子が卵子に浸透するのを見る機会がある場合、何百もの精子が彼らの頭を卵よりもはるかに大きい卵(150ミクロン)に付着させ、尾を外側に振ってドリルインしようとします。精子の動きにより、受精卵とその周りの精子が素早く向きを変えて回転を続け、生命のダンスを踊っているようです。これらの素晴らしいシーンを見た後、精子がどのように生成されるのか、なぜ精巣のサイズが非常に小さいので毎日何億もの精子が生成されるのかと尋ねるでしょう。この質問に答えるには、睾丸の解剖学と組織構造から始める必要があります。といえば。睾丸は男性の生殖腺であり、そこで精子が産生され、性ホルモンが分泌されます。外観からすると、左右に睾丸がわずかに扁平な楕円形で陰嚢内にある睾丸が1つあります。初期の胎児では、彼らは出産前に腹腔内の陰嚢に下降します。大人の睾丸は長さ約4 cm、幅3 cmで、重さは約20グラムです。臨床的には、睾丸の容量はしばしばその大きさ(15-20 ml)を示すために使用されます。新生児の睾丸は比較的大きく、生後約1〜2か月で収縮します。性成熟の前は、睾丸は基本的に静止状態にあり、思春期に入ると急速に発達します。 50歳くらいでだんだん縮んで縮んでいきます。丸薬は新鮮なエビの色、白と赤のように見え、血管の痕跡が見られます。睾丸の外面は、厚くて丈夫な白いフィルムで覆われており、睾丸の物質を保護する上で重要な役割を果たします。アルブギニアが切断されると、精巣組織が麻痺し、元の形状を維持できなくなります。チュニカの外側には、アルブジネアが睾丸の鞘があります。これは、胚の期間中に睾丸が下降するときに下にある腹膜成分です。チュニカアルブジニアと鞘の間には少量の液体があり、それを滑らかに保ち、睾丸を動かします。白膜は内側に伸びて放射状縦隔を形成します。各睾丸は内側から約200〜300の間隔に分割されます。これらを「睾丸小葉」と呼びます。各小葉の内側には、 「合成管」。成人の場合、その管の直径は150〜250ミクロンで、長さはさまざまで、主に30〜70 cmで、最長は150 cmに達することがあります。各精巣には約300〜1000のそのような小さなチューブがあり、それらがすべて接続されている場合、長さは約200〜300メートルになります。すべての精細管は末端で互いに一致し、精巣ネットを形成します。ネットの一端は10本の小さな出力チューブに分かれており、これらは睾丸の外側にあるアルブジニアを通過し、最後に付属の睾丸に合流します。精子は精細管で連続的に生成されます。小さな精巣の構造は非常に微妙で複雑なので、精子形成のための精巣の面積が大きくなります。これが、精巣が毎日非常に多くの精子を生成できる理由です。精細管の上皮には2種類の細胞があります。1つは異なる発生段階にある精子形成細胞で、もう1つは支持細胞です。精子形成細胞は支持細胞の表面の不規則な穴に埋め込まれており、最もナイーブな精子形成細胞は基底膜に近く、成熟した精子細胞は中央管腔に近くなっています。複数の有糸分裂と2つの成熟した分裂(減数分裂)の後、精原細胞は、染色体の半分だけで256個の精子細胞を形成できます。 50%はX染色体を含み、他の50%はY染色体を含みます。精原細胞と精母細胞は丸い形をしていて尾はなく、尾は精子細胞に徐々に現れます。精子細胞は一連の変化を受け、最終的に成熟してオタマジャクシのような精子を形成し、精細管に排出されます。サポート細胞には多くの機能があり、さまざまな活性物質を分泌することができます。これらの活性物質は、精子形成細胞を制御し、分化、成熟、精子分泌、および食作用変性細胞を貪食するのを助けます。精子は常に成人の精巣で生成されます。ある人は、成人の精巣組織のグラムごとに1秒あたり300〜600個の精子を産生し、両側性の睾丸は1日あたり数億個の精子を産生すると推定しています。これは、精子の生産を制御する男性の避妊方法が女性の排卵を抑制するよりもはるかに難しい理由の1つです。 れびとら 販売再開 レビトラジェネクリ翰入代行 性生活を大幅に延長し、インポテンツの問題を効果的に解決できます。レビトラジェネクリ翰入代行 れびとら供給再開 栄光を取り戻しましょう。 代金引換、秘密の包装 精子と卵子の組み合わせは妊娠につながる可能性があります。女性の排卵は限られていることは誰もが知っていますが、男性の精子の数は無数にあり、精子は睾丸によって生成されます。精巣は1日に何個の精子を生成しますか?また、人々はこの質問にもっと興味を持っていますこの記事では、睾丸が毎日どれだけの精子を作り出すことができるかを示します。精子を顕微鏡で見る機会があれば、きっとため息をつくでしょう。密に詰まった精子はオタマジャクシのように見え、小さな頭(長さ6ミクロン)と非常に長い尾(60ミクロン)を持っています。精子が前に泳ぎ、卵を見つけて結合するのを可能にするのは、この長い尾です。しかし、精子は非常に速く動員します。精子が卵子に浸透するのを見る機会がある場合、何百もの精子が彼らの頭を卵よりもはるかに大きい卵(150ミクロン)に付着させ、尾を外側に振ってドリルインしようとします。精子の動きにより、受精卵とその周りの精子が素早く向きを変えて回転を続け、生命のダンスを踊っているようです。これらの素晴らしいシーンを見た後、精子がどのように生成されるのか、なぜ精巣のサイズが非常に小さいので毎日何億もの精子が生成されるのかと尋ねるでしょう。この質問に答えるには、睾丸の解剖学と組織構造から始める必要があります。といえば。睾丸は男性の生殖腺であり、そこで精子が産生され、性ホルモンが分泌されます。外観からすると、左右に睾丸がわずかに扁平な楕円形で陰嚢内にある睾丸が1つあります。初期の胎児では、彼らは出産前に腹腔内の陰嚢に下降します。大人の睾丸は長さ約4 cm、幅3 cmで、重さは約20グラムです。臨床的には、睾丸の容量はしばしばその大きさ(15-20 ml)を示すために使用されます。新生児の睾丸は比較的大きく、生後約1〜2か月で収縮します。性成熟の前は、睾丸は基本的に静止状態にあり、思春期に入ると急速に発達します。 50歳くらいでだんだん縮んで縮んでいきます。丸薬は新鮮なエビの色、白と赤のように見え、血管の痕跡が見られます。睾丸の外面は、厚くて丈夫な白いフィルムで覆われており、睾丸の物質を保護する上で重要な役割を果たします。アルブギニアが切断されると、精巣組織が麻痺し、元の形状を維持できなくなります。チュニカの外側には、アルブジネアが睾丸の鞘があります。これは、胚の期間中に睾丸が下降するときに下にある腹膜成分です。チュニカアルブジニアと鞘の間には少量の液体があり、それを滑らかに保ち、睾丸を動かします。白膜は内側に伸びて放射状縦隔を形成します。各睾丸は内側から約200〜300の間隔に分割されます。これらを「睾丸小葉」と呼びます。各小葉の内側には、 「合成管」。成人の場合、その管の直径は150〜250ミクロンで、長さはさまざまで、主に30〜70 cmで、最長は150 cmに達することがあります。各精巣には約300〜1000のそのような小さなチューブがあり、それらがすべて接続されている場合、長さは約200〜300メートルになります。すべての精細管は末端で互いに一致し、精巣ネットを形成します。ネットの一端は10本の小さな出力チューブに分かれており、これらは睾丸の外側にあるアルブジニアを通過し、最後に付属の睾丸に合流します。精子は精細管で連続的に生成されます。小さな精巣の構造は非常に微妙で複雑なので、精子形成のための精巣の面積が大きくなります。これが、精巣が毎日非常に多くの精子を生成できる理由です。精細管の上皮には2種類の細胞があります。1つは異なる発生段階にある精子形成細胞で、もう1つは支持細胞です。精子形成細胞は支持細胞の表面の不規則な穴に埋め込まれており、最もナイーブな精子形成細胞は基底膜に近く、成熟した精子細胞は中央管腔に近くなっています。複数の有糸分裂と2つの成熟した分裂(減数分裂)の後、精原細胞は、染色体の半分だけで256個の精子細胞を形成できます。 50%はX染色体を含み、他の50%はY染色体を含みます。精原細胞と精母細胞は丸い形をしていて尾はなく、尾は精子細胞に徐々に現れます。精子細胞は一連の変化を受け、最終的に成熟してオタマジャクシのような精子を形成し、精細管に排出されます。サポート細胞には多くの機能があり、さまざまな活性物質を分泌することができます。これらの活性物質は、精子形成細胞を制御し、分化、成熟、精子分泌、および食作用変性細胞を貪食するのを助けます。精子は常に成人の精巣で生成されます。ある人は、成人の精巣組織のグラムごとに1秒あたり300〜600個の精子を産生し、両側性の睾丸は1日あたり数億個の精子を産生すると推定しています。これは、精子の生産を制御する男性の避妊方法が女性の排卵を抑制するよりもはるかに難しい理由の1つです。.

精子と卵子の組み合わせは妊娠につながる可能性があります。女性の排卵は限られていることは誰もが知っていますが、男性の精子の数は無数にあり、精子は睾丸によって生成されます。精巣は1日に何個の精子を生成しますか?また、人々はこの質問にもっと興味を持っていますこの記事では、睾丸が毎日どれだけの精子を作り出すことができるかを示します。精子を顕微鏡で見る機会があれば、きっとため息をつくでしょう。密に詰まった精子はオタマジャクシのように見え、小さな頭(長さ6ミクロン)と非常に長い尾(60ミクロン)を持っています。精子が前に泳ぎ、卵を見つけて結合するのを可能にするのは、この長い尾です。しかし、精子は非常に速く動員します。精子が卵子に浸透するのを見る機会がある場合、何百もの精子が彼らの頭を卵よりもはるかに大きい卵(150ミクロン)に付着させ、尾を外側に振ってドリルインしようとします。精子の動きにより、受精卵とその周りの精子が素早く向きを変えて回転を続け、生命のダンスを踊っているようです。これらの素晴らしいシーンを見た後、精子がどのように生成されるのか、なぜ精巣のサイズが非常に小さいので毎日何億もの精子が生成されるのかと尋ねるでしょう。この質問に答えるには、睾丸の解剖学と組織構造から始める必要があります。といえば。睾丸は男性の生殖腺であり、そこで精子が産生され、性ホルモンが分泌されます。外観からすると、左右に睾丸がわずかに扁平な楕円形で陰嚢内にある睾丸が1つあります。初期の胎児では、彼らは出産前に腹腔内の陰嚢に下降します。大人の睾丸は長さ約4 cm、幅3 cmで、重さは約20グラムです。臨床的には、睾丸の容量はしばしばその大きさ(15-20 ml)を示すために使用されます。新生児の睾丸は比較的大きく、生後約1〜2か月で収縮します。性成熟の前は、睾丸は基本的に静止状態にあり、思春期に入ると急速に発達します。 50歳くらいでだんだん縮んで縮んでいきます。丸薬は新鮮なエビの色、白と赤のように見え、血管の痕跡が見られます。睾丸の外面は、厚くて丈夫な白いフィルムで覆われており、睾丸の物質を保護する上で重要な役割を果たします。アルブギニアが切断されると、精巣組織が麻痺し、元の形状を維持できなくなります。チュニカの外側には、アルブジネアが睾丸の鞘があります。これは、胚の期間中に睾丸が下降するときに下にある腹膜成分です。チュニカアルブジニアと鞘の間には少量の液体があり、それを滑らかに保ち、睾丸を動かします。白膜は内側に伸びて放射状縦隔を形成します。各睾丸は内側から約200〜300の間隔に分割されます。これらを「睾丸小葉」と呼びます。各小葉の内側には、 「合成管」。成人の場合、その管の直径は150〜250ミクロンで、長さはさまざまで、主に30〜70 cmで、最長は150 cmに達することがあります。各精巣には約300〜1000のそのような小さなチューブがあり、それらがすべて接続されている場合、長さは約200〜300メートルになります。すべての精細管は末端で互いに一致し、精巣ネットを形成します。ネットの一端は10本の小さな出力チューブに分かれており、これらは睾丸の外側にあるアルブジニアを通過し、最後に付属の睾丸に合流します。精子は精細管で連続的に生成されます。小さな精巣の構造は非常に微妙で複雑なので、精子形成のための精巣の面積が大きくなります。これが、精巣が毎日非常に多くの精子を生成できる理由です。精細管の上皮には2種類の細胞があります。1つは異なる発生段階にある精子形成細胞で、もう1つは支持細胞です。精子形成細胞は支持細胞の表面の不規則な穴に埋め込まれており、最もナイーブな精子形成細胞は基底膜に近く、成熟した精子細胞は中央管腔に近くなっています。複数の有糸分裂と2つの成熟した分裂(減数分裂)の後、精原細胞は、染色体の半分だけで256個の精子細胞を形成できます。 50%はX染色体を含み、他の50%はY染色体を含みます。精原細胞と精母細胞は丸い形をしていて尾はなく、尾は精子細胞に徐々に現れます。精子細胞は一連の変化を受け、最終的に成熟してオタマジャクシのような精子を形成し、精細管に排出されます。サポート細胞には多くの機能があり、さまざまな活性物質を分泌することができます。これらの活性物質は、精子形成細胞を制御し、分化、成熟、精子分泌、および食作用変性細胞を貪食するのを助けます。精子は常に成人の精巣で生成されます。ある人は、成人の精巣組織のグラムごとに1秒あたり300〜600個の精子を産生し、両側性の睾丸は1日あたり数億個の精子を産生すると推定しています。これは、精子の生産を制御する男性の避妊方法が女性の排卵を抑制するよりもはるかに難しい理由の1つです。最強のed薬